学長 若杉隆平

大学院国際地域学研究科は2015年に創設されました。他に見られないユニークな知の拠点を目指して、国際社会の動向とその在り方に関する研究、東アジアを対象とする国際関係の研究、ロシア・中国・韓国を中心とする地域研究、東アジアと日本に関する経済研究に重点を置いた教育研究に取り組んでいます。こうした教育研究上の特徴は、本学の立地する新潟が日本海を挟んでロシア・中国・韓国と深く関わる地域であることに由来します。
大学院での教育研究は国際性に富み、オープンな環境のもとに行われています。教授陣には、アメリカ、イギリス、中国、台湾、オーストラリアなどの世界の各国・地域で教育研究に携わってきた国際性豊かな教員が数多く加わり、日本語だけでなく、英語による講義・演習が行われています。入学してきた学生は、学部から進学した学生、海外留学生、企業・自治体から派遣された学生、豊富な社会経験を持つ企業幹部など多彩です。
迎え入れた学生には、奨学金制度を設け、指導教員のもとでの充実した少人数教育を行っています。本大学院で学ぶことにより、グローバルな視野を持つタフなプロフェッショナルとしての実践力を身につけていただきたいと思います。

  • 1988年 東京大学より経済学博士を取得
  • 1989年 信州大学経済学部教授
  • 1992-2004年 横浜国立大学経済学部教授
  • 2004-2010年 慶應義塾大学経済学部教授
  • 2006年-現在 横浜国立大学名誉教授
  • 2007-2012年 京都大学経済研究所教授
  • 2012年-現在 京都大学名誉教授
  • 2013-2015年 学習院大学経済学部特別客員教授
  • 2015-2017年 新潟県立大学政策研究センター教授
  • 2017年-現在 新潟県立大学理事長兼学長

研究科長 山本 吉宣

新潟県立大学に国際地域学研究科(修士課程)の大学院が設立され、はや2年が経ち、2017年の3月には、3人の修了生を輩出することができました。その3人のバックグラウンドは、社会人、学卒者、留学生でした。また、取り上げたテーマも、拉致問題の報道の分析、ロシアの教育問題、在外中国人のアイデンティティの問題など多様なものでした。
新潟県立大学のモットーは、地域に根を張りつつ、国際性を涵養することですが、本研究科は、グローバル人材を育て、単に研究だけではなく、社会的な貢献ができる人材を育てようとすることを目的としています。本研究科では、国際社会の動きや地域の国際関係を学び、経済を深く修め、データ解析や政策分析能力を培い、さらに主要科目は日本語に加え、英語での授業がとれるように工夫されています。このようなことを通して、学問的にも、社会活動においても、スキル・アップし、国際的にも競争力を持つ人材が育つような仕組みを作ろうとしております。
このような形で、教員、院生は日々励んでおり、新潟県はもちろんのこと日本の人材育成に貢献したいと思っています。

  • 1974年 ミシガン大学大学院修了(政治学博士)
  • 1989-2004年 東京大学大学院総合文化研究科教授
  • 2004年-現在 東京大学名誉教授
  • 2004-2011年 青山学院大学国際政治経済学部教授
  • 2011年-現在 青山学院大学名誉教授
  • 2013年-現在 新潟県立大学政策研究センター教授