受験料・学費

受験料 30,000円
入学金 県内者(注) 141,000円
県内者以外の者 282,000円
授業料(年額) 535,800円

(注)入学する日の1年以上前から新潟県内に住民票のある者

新潟県立大学大学院 奨学金制度(給付)

平成28年度より、大学院生の学業奨励を目的として給付型の大学院奨学金が設立されました。

【対象】1、2年生   【給付人数】各2名  【給付金額】各225,000円(年額)

【募集時期】
1年生:4月入学、10月入学者が確定する当該年度の8月
2年生:4月入学、10月入学ともに4月

【備考】
・1年生は、入学手続きを終えた入学確定者に限ります。
・社会人特別選抜による入学生のうち、新潟県から授業料の給付を受けた(予定を含む)者は除きます。

※本件のお問い合わせは、教務学生課(TEL:025-270-1302)まで

学内進学者一貫プログラム<4+1制度>

本学学部を卒業した者を対象に学部4年終了時に学士号を取得、本学大学院入学後、最短1年で修士号を取得できる制度です。

※本件のお問い合わせは、教務学生課(TEL:025-270-1302)まで

長期履修生制度

修業年限は原則として2年ですが、長期履修生制度(2年分の授業料で3年間にわたり履修、課程を修了する制度)を実施しています。長期履修を希望される場合、以下の書類を事前に提出してください。

科目等履修生

科目等履修生の募集は「最新情報」でご確認ください。

※本件のお問い合わせは、教務学生課(TEL:025-270-1302)まで

施設紹介

本大学院は、大学キャンパスに、院生用共同研究室、講義室、大講義室を備えた地上2階建ての大学院棟を2015年に新設しました。特に院生用共同研究室は、個々の学生が研究を行えるよう、個人用の机・椅子等を備えた専用スペースとし、論文作成、資料収集・分析を行うための環境を整備しています。大学院棟の研究室は24時間利用可能であり、充実した教育・研究の場を設けています。

修了後の進路

修了後の進路には次の3つのパターンがあります。

  1. 地域貢献型:地域(新潟県)に軸足を置き、国際環境を理解し、分析する能力を活かして、地域の活動をグローバルな次元に結びつける活躍。想定される就職先:地方公務員、観光業、製造業、金融、マスコミなど。
  2. 国際展開型:地域(新潟県)以外で、国内または海外において活躍。想定される就職先:官庁、製造業、サービス業、マスコミ、シンクタンク、海外の企業、国際機関。
  3. その他:国内外の博士課程へ進学。

院生紹介

社会人

学部時代に学習していた政治学、特に国際政治学を学び直したいと感じていたところ、機会に恵まれ、本研究科に入学するに至りました。入学後は、本来の目的だった授業だけでなく、本研究科が力を入れている統計分析の授業も履修しており、自分が修士論文を書く際のツールにしたいと考えています。仕事との両立は非常に大変ですが、職場、先生方や職員の方々、他の院生からご協力いただきながら、学業を楽しんでいます。

ロシア出身

私はロシアの大学を卒業した後、日露経済関係を研究するため本研究科に入学しました。
自分が研究している分野以外の先生もいるので、様々な視点から自らの研究を行う事ができます。日本以外の国から来た留学生も多く、異文化を知るという点でもとても有利だと思います。また、フォーラム等で発表する機会も設けられ、研究のモチベーションが保てますし、図書館を始めとする研究環境も良いため、目標をもって自分の研究を進めることができます。

ベトナム出身

英語で経済学を研究する目的で本研究科に進学しました。国際関係論の知識と日本語を話す能力がないまま、私が日本に来たことは冗談のようなことでした。当初は環境に慣れることと同時に、研究を進めることは大変でしたが、今はうまくやっています。本研究科には日本人の先生も日本人以外の先生もいますが、彼らの専門知識は非常に広く深いと感じています。私のような学生をイチから教えるのは大変なことであったろうと思います。今では以前より成長し、新しい言語や専門分野に取り組んでいる自分を誇りに感じています。教授陣や友人からの熱心なサポートを受けながら、本研究科で研究を進めることができて本当にうれしく思っています。

新潟県立大学 卒業生

こんにちは。私は、平和構築のために必要な素養を学び、世界の不平等や不公正の是正に自ら取り組みたい、という思いから本研究科への入学を決めました。先生方が親身になってご指導くださるので、安心して学修・研究することができます。また、英語で行われる授業もありますので、同時に国際的な競争力を高めることも可能です。ここ、新潟から国際社会の平和に貢献しようという同志を、心よりお待ちしています。

修了生紹介

社会人

2017年度修了

社会人として働きながら本研究科に通いました。学業と仕事の両立には困難もありましたが、研究室の仲間の支えや先生方のきめ細かなご支援のおかげで、無事、研究を進めていくことができました。本研究科の少人数のクラスの中で培った、年齢や職業、国籍の壁を越えた人脈は、学業や仕事の枠にとどまらず、私の人生にとってかけがえのないものとなりました。

2016年度修了

2017年3月に本研究科を修了しました。この2年間、修士論文の指導教員だけでなく、学内の多くの先生が親身になってご指導してくださいました。また、私は就職活動も並行して行っていましたが、その際も先生方や事務局の方々に相談に乗っていただき、精神面でも大きく支えてもらいました。多くの先生方と関わりを持ち、アットホームな雰囲気の中で学生生活を送れたことも大きな魅力です。そのような充実した学生生活が送れるという点でも、進学を考えている学生の方々には本研究科を強くお勧めいたします。

社会人

2016年度修了

仕事と研究の両立ができるのだろうかと、不安を抱えながら入学しました。英語の課題に苦しんだことも、研究に行き詰まったこともありました。しかし、先生方や院生の仲間たちの支え、職場の応援を得て研究を進めることができました。大学院で学んだ物事の見方や、研究に臨む姿勢は、今後の社会生活で生かすことができると確信しています。先生方の手厚い指導を受けられたこの2年間はとても贅沢な時間でした。

中国出身

2016年度修了

本研究科では物凄く楽しい2年間を過ごしました。1年目には、研究基礎科目を取り、国際的な視野を広げることができました。2年目には、山本吉宣先生の指導のもとで、順調に修士論文を完成し、修了することができました。授業を受けた期間、そして先生方とのやり取りの中で、専門知識のみならず、日本語、英語の力も飛躍的に伸びました。本研究科で研究をすることは、日本に就職しようとする留学生にとっても、母国に帰り活躍しようとする留学生にとっても、きっといい経験になると思います。